最先端の医療機器を使った治療方法について

非常に増えている病気

乳がんになったら、その後はどうなる

現在は、日本人女性の3人に1人は「乳がん」になる時代です。 女性がたとえ病気だとしても「胸」を失うことには、かなりのショックが あるとおもいます。 しかし、近年では乳がんの治療と同時に「胸の再建」も治療の一部として 当然のようにされ、保険が適用となっています。 それに、今年からは「シリコン」も保険が適用になり、ますます「胸の再建」は 進むのではないでしょうか。 というのも今の時点では、シリコンが一番、金額的にも一番安く、また簡単に できるからです。 しかし、身体に異物をいれるということも確かなので何十年後に、もしかしたら、 また手術ということも考えられますが。 今後は、女性たちはたとえ「乳がん」になっても「胸の再建」という強い味方が 進出し、ほんの少しであっても心の拠り所ができるのでは、ないかと思われます。

「再建」に関し気をつけることって

とは、いっても注意することも多々あると思います。 例えば「病院選び」 ひどいところでは、雑誌でみると一日でシリコンの手術をしたのは、よいが 「胸がパックリ割れてしまった」等など。 これは、ひどい例だと思いますが「胸を再建」するなら「乳がん手術」で病院を 選んだように慎重にすべきだと思います。 それに「病院選び」と同じように「胸の再建法」も自分に合うものを考えなく ではなりません。 ある意味「乳がん」の手術は、先生におまかせすることになりますが「胸の再建」 に関しては、自分自身の考えが主になるので本当に難しいものです。 素人の私がしっている「再建法」だけでも、4つもあるのですから。 ですので「胸の再建」に関しては、「病院選び」「再建方法」が、重要になる と思います。